お布施の意味

もうクリスマスの時期ですね。駅前にはクリスマスのイルミネーションが飾られていてとてもきれいです。
今日帰りに祖母の家によりました。するとお坊さんが来ていました。
お経を唱えておわって、祖母はお坊さんと一緒にお茶を飲みながら世間話をしていました。
世間話も終わって帰り際に、祖母はお布施をお坊さんに手渡しました。
私はあまり知識がなかったのですが、お布施とは何なのでしょうか。失礼にならないお布施の基礎知識で調べてみると、お布施とは葬儀・法要の際に僧侶に渡す謝礼のことお布施と言うそうです。
お経を唱えてもらった代金と言うことでしょうか。またお布施は「お気持ちで・・・」なんていわれる事も多いそうです。
そんな時はいくら位包むものなのでしょう。調べたところ、法事・法要のお布施は3~5万円程度だそうです。
またお布施を入れる封筒ですが、お金を入れるとなると二重封筒は使うものですが、お布施の場合、二重封筒は「不幸が重なる」という意味になってしまうため良くないそうです。
お布施を僧侶に渡す際も渡し方があるそうです。そのまま手渡しするのではなく、小さなお盆に載せて渡します。またお礼の言葉を添えて封筒の文字を僧侶のほうに向けて渡すそうです。
お布施にも色々な意味があるんのですね。勉強になりました。


Comments are closed